DJI CAMP受講概要

skyer-westドローンスクール安芸高田校では、2020年9月から

DJI CAMPスペシャリスト認定コースを開校しております。

基本操縦コース種類

受講条件

DJI CAMP スペシャリスト認定には、「10時間以上の飛行経験」や「GPSに頼らない操作」など、どちらも一定レベル以上の能力が求められます。
①DJIの機体を所有し、DJI GO、DJI GO4のフライト記録が10時間以上ある方。
②所属企業のDJIの機体を10時間以上業務としてフライトさせている方。
なお、操縦経験がない方・復習をご希望の方は、まずは安心コースを受講して下さい。
飛行訓練の時間を設けており、ドローンの飛行経験が全くない方でも、安全に操縦させ、運用できるように、知識と技術を基礎からしっかり学べるコースです。

DJI CAMPスペシャリスト授業内容

DJICAMPスペシャリスト認定試験内容

①筆記試験内容

〇選択試験問題:30点

〇飛行計画筆記問題:20点 計50点満点(40点以上が筆記合格ライン)

〇飛行計画筆記問題:別途定める採点基準で判定

②飛行技能試験内容

機体 phantomシリーズ(弊社でご用意いたします)

離陸以外は、ATTIモード(GPS補正などを行わない)で実施

試験項目一覧

・機体コンディショニングチェック

・離陸(P):周囲の安全を確保し、確認してから離陸

・ホバリング(A) 1分間:精度±50cm(優)、精度±1m(良)

・右or左のホバリング(A) 1分間:精度±50cm(優)、精度±1m(良)

・対面ホバリング(A) 1分間:精度±50cm(優)、精度±1m(良)

・前進してポールまで飛ぶ:画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)

・対面で、離陸地点まで戻ってくる:(A):まっすぐに戻ってこられる(優)、逆舵切ったら(良)

・8の字旋回×2(A) :正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)

・ノーズインサークル×2(A):正確に中心を向き円を描く。(左右不問)

・着陸(A):周囲の安全を確保、確認しながら着陸している。

※(P):POSITTIONモード(GPS補正などを行う) (A):ATTIモード(GPS補正などを行わない)

DJI CAMP スペシャリストの認定は、上記試験通過後、UTCのオンラインテスト合格が

必須となります。

受講者様の認定までの流れ

①問い合わせ/申込

②UTCユーザー登録

③DJI CAMP 希望受講日のご予約

④UTC個人登録

⑤テキスト準備・熟読

⑥受講条件証明書類のご提出

⑦受講費のお支払い

⑧DJI CAMP受講・実技試験・筆記テスト

⑨オンラインテスト受講

⑩認定書発行費用のお支払い ⑪認定書お受け取り

認定書発行について

合格通知がUTCもしくは、skyer-westよりご連絡致します。

講習会でのテキストはDJI CAMP技能認定専用テキストを使用いたします。

持参物

・筆記用具

・テキスト

・体育館シューズ(スリッパのご用意がありますが、上履きをご持参いただいても結構す)

その他

宿泊施設、交通手段などは各自ご手配ください。